【メンバー紹介】

代表 田中 祐哉
代表 田中 祐哉

 



田中 祐哉 (たなか ゆうや) 

               【優鼓】 代表  

1955年、津軽三味線の名士〈高橋竹山〉を輩出した青森県東津軽郡平内町小湊を出生地とし、竹山とは遠戚に充たる。
東京芸術大学音楽学部打楽器科在学中より、都内オーケストラ、山形交響楽団等でプロ奏者として活動。卒業後は、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京佼成ウィンドオーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団等で客演する。その長い演奏経験を生かして、現在、フィルハーモニアウィンドオーケストラ、オラトリオ・シンフォニカ・JAPAN、東京サロンシンフォニーオーケストラ、東京スカイラインオーケストラ、全楽団での首席ティンパニ奏者を務める。また、NHK交響楽団、団友オーケストラと協演をした、本人オリジナルのオーケストラと樽独奏による「八木節」は現在まで全国に於いて好演している。

1993年、パーカッショングループ「優鼓」を設立する。

 ※田中祐哉の演奏動画はyoutubeにてご覧いただけます♪

youtubeにて「八木節 オーケストラ 田中祐哉」とアクセス頂ければ「八木節」の演奏。及びその画面左下にある「10本の動画」という欄をクリックしますと「田中祐哉のマジカルパーカッション」が、ご欄頂けます。 

藤城 佳之 (ふじき よしゆき)

           グループ リーダー

 

1957年、東京都出身。東京芸術大学音楽学部打楽器科にて、高橋美智子、有賀誠門の各氏に師事。❜81❜82年ソロ・リサイタルを新宿文化センターにて開催。現在、マルチ・パーカッション奏者としてオーケストラ、ソロ、アンサンブル等の他、ラテン、ジャズ、さらに和太鼓によるパフォーマンスと幅広くその可能性を追求する。トレーナーとしても各地の和太鼓グループの創作や技術指導に情熱を注いでいる。また、作曲・編曲活動にもその才を発揮し「打楽器と管弦楽のための協奏曲」「和太鼓のためのアンサンブル曲集」「和太鼓とシンセサイザーによる荘厳組曲・富士山」が、ヤマハ教販より出版された。

 

宮崎 仁 (みやざき ひとし)

 

山梨県甲府市出身。幼少よりピアノ、10歳より打楽器を始める。

東京芸術大学音楽学部打楽器科にて、有賀誠門氏に師事。シェナウィンドオーケストラに創立メンバーとして入団。アコースティックバンド「Gクレフ」メンバーとなる。1990年、2ndアルバム「五右衛門」が日本レコード大賞アルバム企画賞受賞。同年「紅白歌合戦」に初出場。

1993年、渡米。New York drummers collectiveにて、ボビー・サナブリア氏に師事。帰国後、山梨県芸術祭賞受賞。渡辺美里うたの木ツァー、参加。第12回❛❛万里の長城杯❜❜国際音楽コンクール第3位。その後、インドネシアに渡りスウェントラ氏にガムランとジェゴグを師事。現在、各地でのリサイタル、ソロ活動を中心にオーケストラやアンサンブル等、ジャンルを問わぬマルチパーカッション奏者として、活躍している。

 

尾花 章子 (おばな あやこ)

 

神奈川県相模原市出身。3歳からピアノを始め中学時代吹奏楽部にて、打楽器を始める。玉川大学芸術学科管打楽器専攻、首席で卒業。永曾重光氏に師事。在学中より「永曾重光とマリンバ❜82」メンバーとなる。ドラムセットを猪俣猛、田中康弘、両氏に師事。また、アフリカンドラムをエイキンス・パーコフィー氏に師事する。

指導者としても定評あり、現在、居住地とする茨城県東海村吹奏楽講座講師。平成16~20年度茨城県吹奏楽指導者講習会打楽器講師として勤めている。

現在、「アンサンブル ア・コルド」、「マリンバデュオ❛❛EASE❜❜」、アフリカンドラムグループ「SANKОFA」のメンバーとして活動中。マリンバソリストとして多くのオーケストラと共演し、打楽器奏者としても東京サロン・シンフォニーオーケストラ、フィルハーモニーア・ウィンドオーケストラ等で活躍している。

 

野中 美千代 (のなか みちよ)

 

兵庫県神戸市出身。東京芸術大学音楽学部打楽器科卒業。同大学院修士課程修了。有賀誠門、高橋美智子、今村三明の各氏に師事。

卒業後は、マリンバソロ、パーカッションアンサンブル、オーケストラで演奏活動をし研鑽を積む。他楽器や歌・絵本・朗読・講談とのコラボレーション企画「コラボ戯(ZARE)」を立ち上げ、マリンバ、多種の打楽器を斬新で効果的に用いたコンサートを全国各地で開催する。

熊本県立劇場舞台芸術体験事業公演。並びに文化庁「本物の舞台芸術体験事業」(現「次代を担う子供の文化芸術体験事業」)に参加。

2008年、自身の監修・編曲・演奏によるCD「優しい気持ち」を発売する。同時にCD全曲をマリンバ・パーカッションの四重奏に書き下ろし、楽譜集「優しい気持ち」を監修、発売した。優しい気持ちコンサートツアーを全国各地で開催している。

オーケストラや室内楽での打楽器奏者としても活躍し、アマチュア音楽団体の指導者としても活動している。

現在、宇都宮大学教育学部非常勤講師。東京都台東区器楽専門指導員。

野中美千代マリンバアンサンブル「エバーグリーン」主宰。

 

高木 良二 (たかぎ りょうじ)

尚美学園大学卒。当アンサンブル準メンバー。

ステージマネージャー。             

 

【優鼓・J】メンバー

石井 利樹  (東京音楽大学卒)

武田 将   (武蔵野音楽大学卒)

白鳥 安容  (東京音楽大学卒)  

松本 英之  (洗足学園大学卒)

高木 良二  (尚美学園大学卒)

大澤 亮太  (尚美学園大学卒)

萩原 通友  (昭和音楽大学卒)